comico WEB漫画

【comico感想ブログ】あの年の夏・男女3人の恋と成長の物語 ep.82 作者様復帰で読者一同安心♪※ネタバレ注意

投稿日:2017-09-19 更新日:

今comicoで連載を楽しみにしている漫画のひとつ、「あの年の夏」です!しかも今週から連載再開…この日を待ちに待ってました。おかえりなさいジュン(june)先生。

儚げで繊細な人物描写。予備校生3人の変化と成長を丁寧に描く、悲しく美しい物語。

-あらすじ-
樹里は大学受験を控えて予備校に通う高校3年生。とある夏の日にとんでもない現場を目撃していまい…!? 〈comicoより抜粋〉

※これよりネタバレが含まれますのでご注意ください。

ep.1からの無料開放分を読むと、この話がただの三角関係ではなくBL要素を含んだストーリー展開だと気が付きます。

でも待ってください!!

タイトルまわりをよく見てみるとBL表記はなく、この漫画が縛りなく色々な世代の読者に幅広く読まれることを願っているものだとわかります。

ごく普通の女子高生「樹里」・魅力的でミステリアスな浪人生「礼央」・お金持ちで進学校に通う「拓海」。

彼女達3人が予備校で出会い、様々な思いを抱えながら恋をする…その見所は・・・

「主人公の樹里が2人の異性に振り回されながらも少しずつ成長して自分の気持ちに気が付いていく過程が丁寧に描かれていること」です。

そして「相手を気遣い奮闘する姿」が、守ってもらうばかりのヒロイン像ではなく「自分もそうなりたいと思わせてくれるような、親近感のあるヒロイン像」なのも気持ちよく読めるポイントだと思います。



スポンサーリンク

主人公達の心に残る、色々な「あの年の夏」。
過去編は礼央の内面にせまる。

物語は過去・太林堂編へ突入していますが、「あの年の夏」が樹里の高校3年の夏だけを指すものではないと気が付きます。

作者さんは最初から過去編の設定を考えてたはず・・・

……深い!!

ep.1からミステリアスで何を考えているかわからない礼央先輩。彼の人格を作り上げたのは人生のいつだったのか、この物語を読み解くために大事なパートとなっています。

コメント欄では、副題「狼に歯向かう犬」の狼と犬が誰を指すのか予想されていますが、誰と誰のことでしょう。目が離せない展開が続く中、いよいよ礼央と拓海にとって大きなイベントとなる学園祭がはじまります。

ep.82 やっちゃんイカが2人の心を近づける。
樹里編はもう少しお預け。

ep.81のやっちゃんイカのエピソード、面白かったですよね!ep.31に戻って読み返し、久しぶりの樹里に出会った方は2重の嬉しさを噛み締めたはず。恋心に気が付いた樹里を爆笑させていた話が礼央と拓海の仲を深めたエピソードだったとは、読者の心を締め付けるのがお上手な作者様…。

そんな作者ジュン先生はしばらく休載しておられましたが、今週から日本でも復帰されました!休載に関する情報をコメント欄で見ていると韓国版comicoで先行連載されている様子。たこ焼きのエピソードがあるので日本を舞台にしてるのかな…と思う部分もありましたが、ベースは海外なのかもしれませんね。どこの国でも読みやすいように配慮はあるかもしれませんが、予備校の雰囲気は両国そんなに変わらないようです。

おわりに

ネタバレは控えめに「あの年の夏」全体をご紹介する形としました。comico+から出張掲載しているだけあって大人の人が楽しめる内容になっています。課金公開分では先に進んでいますが、無課金勢な私は大好きなこの作品をゆっくりペースで追いかけて行きますね。皆さんのWEB漫画ライフが楽しいものとなりますように☆彡

追記:恋の三角関係つながりがあるWEB漫画、「青のフラッグ」の感想も投稿させていただきました。こちらも「あの年の夏」とどこか重なるようなテーマを秘めている良作です。ご参考に見てみてくださいね。

-comico, WEB漫画


漫画大好き!管理人の”ぼん”です。


       スポンサーリンク