特撮 趣味の話題

神対応!【舞台挨拶レポート】劇場版 ウルトラマンジード つなぐぜ!願い!!濱田龍臣くん小澤雄太さん登壇[前編]後編映画感想も合わせてどうぞ。イオン茨木2018年3月11日

投稿日:

「劇場版 ウルトラマンジード つなぐぜ!願い!!」感想・前編。

イオンシネマ茨木

テレビシリーズ・ウルトラマンジードの劇場版である「劇場版 ウルトラマンジード つなぐぜ!願い!!」の舞台挨拶に行ってきました!ちなみに私はジードからウルトラマンにはまった子どもの母親です。

まだまだウルトラマン歴、浅し。
その事は、こちらのブログに書いてます↓

【ウルトラマンジード最終回】感想ブログ

上のブログ以降、ゼロさんの映画やオーブ作品もさらに勉強して映画鑑賞に臨みましたが、舞台挨拶のレポートも映画の感想も、本格的なファンの方の視点には遠く及ばないので、今回は「初めて行ったウルトラマンの舞台挨拶」目線で、今まで行ってきた戦隊の舞台挨拶の比較も入れつつレポートしたいと思います。龍臣くんはお忙しいながらもエゴサーチをしているらしく(舞台挨拶上談)ですので、私なんぞの弱小ブログに目を通される事はないと思いながらも、若干意識しつつ書いています 笑。

~勉強した教材の一例~
Amazon

ウルトラマンゼロ THE MOVIE
超決戦! ベリアル銀河帝国 [DVD]

映画本編「つなぐぜ願い」感想。

※ネタバレになる表記がありますのでご注意ください。

感想は手短にして同ページ内にUP予定だったのですがボリュームが多くなってしまったので別ページ(前後編)に分けることになりました。お手数ですが移動をお願いします。どちらから読んでも大丈夫な内容ですが、この場で飛んでから戻ってきていただきたいです♪

※※※「つなぐぜ!願い!!」映画感想はコチラ↓※※※

・・・というわけで
それだけ面白かった映画
だったわけです(`・ω・´)!!

ウルトラマン映画、初・舞台挨拶の感想。

「劇場版 ウルトラマンジード つなぐぜ!願い!!」
イオン茨木 3月11日 日曜
(9時20分の回)
登壇・朝倉リク   役/ 濱田龍臣さん
   伊賀栗レイト役/ 小澤雄太さん

映画終了後の登壇でした!今日は1番スクリーンで、登場は客席から面して左手から登場。わー!わー!リクー、レイトさーん、本物ー!!

しかも、近いっっ!
私はこれまで戦隊ヒーローの舞台挨拶には数回行ったことがありますが、全ての予約は「ぴあ」からしか取ったことなく、予約開始時間にスタンバって緊張感の中でやっと取れた感じでした。対して今回のジード舞台挨拶、茨木イオン劇場の場合は「eリザーブからの予約」というのが穴だったのか、割といい席を自由に選べて鑑賞できました♪「ぴあ系ではない舞台挨拶」が戦隊映画でも過去にあったと記憶していますが、もしかするとかなりおススメかも!?ちなみにしばらくは座席に空きがありましたが最終的には満員御礼でした。やはりウルトラマン人気!!

注目すべきは、龍臣くんと小澤さんの場慣れ感!

本当に彼らはプロですね!小澤さんはレイトさんにしか見えないし、龍臣くんは喋る喋る 笑。2人で場を持たせるって大変だと思うんですけど、まずは作品自体への理解度の高さが伺える龍臣氏。

私→「!!?」 汗。
わたくしレベルでは瞬時にリアクションとれませんでした 笑。(ちなみに舞台挨拶での龍臣くんと小澤さんのセリフの詳しい内容をツイートされている方がいましたので、是非検索してみてくださいね。すごく詳細で「ラブライバーのくだり」も分かりやすかったです♪)今回の劇場は割と狭いスクリーンだったので、龍臣くんは颯爽と階段を上へ上がりつつ、お客さまとタッチだ握手しながら一周回って下へ。小澤さんは司会のお姉さんに「レイトさんは行かないんですか?」と促されつつ「いえ、私は。」みたいなやりとりも嫌味がなくてリクを見守るレイト感が逆によかった♪あたふたすることなく、落ち着いている2人が場慣れしていて、かっこよかったです。



スポンサーリンク

もずく天ぷら美味しかった~!→???もずくコロッケでしょ!の話から、沖縄は真夏で撮影してスーツ激暑だったからの、浜辺では靴の中に砂入る話→さらーっと砂が落ちるよりは汗でひっつく感じ?の話題など。そこから、会場に来ているお客さまの質問に答えるコーナーが。ここではキャラコスチュームに身を包んだ可愛いちびっ子2名が当てられました。なかなかツウな質問をする2人(と助け船出したお母さま)笑。リクエストで生「ジャンファイト!」を聞けたのは茨木だけだったかも?そして、お待ちかね写真撮影に続きました。与えられた10秒感の撮影タイム…!どうです、こちら。

撮影タイム開始!


ピント~(´;ω;`)

10秒間ではブレブレ 笑。
いや解像度不足か、これからは一眼レフいるな。周りの人達の連写、すご!その後はジードの映画は何度でも見てほしい作品ですと、お二人からメッセージをいただきました。「つなぐぜシーサー!」笑 で、最初は笑いを取られていましたが、「僕らはみんなでウルトラマンなんだ」という言葉を龍臣くんから最後に改めて聞いて、今回の作品の大切な部分がより深く脳裏に焼きついた気がします。あと、これはジードイベントお約束なのかな?

融合!
アイゴー!
ヒアウィーゴー!!

を一緒にコールする事もできました♪嬉しいなー(*‘∀‘)!!そしてラストは登壇者の2人とお楽しみのハイタッチ!これ、感涙モノでしょう。ジードのプロモーション、サービス良すぎです。ハイタッチ場所に向かう前にはガイさん風に龍臣くんだったかな?「あばよ!」笑。映画の良いとこ、ガイさんの「あばよ」にもってかれた〜って話されてた2人でしたが、個性的なメンバーみんなにパワーをもらうリクがやっぱり主役だなと思える映画でした。本当にありがとうございました☆

何が凄かったかって…印象に残ったこと。

やはりプロ意識ってとこでしょうか。プロだからこそ忘れてはいけない、目先にお客さまがいることを大事にしてくださっていた気がしました。びっくりしたのは龍臣くんが、以前のイベントで質問を受けた

男の子の顔と名前を覚えていたこと!
多忙で有名にも関わらず、すごいなー。
今まで行った関西の戦隊映画の舞台挨拶と比較するならば、戦隊の俳優さんは新人さんの抜擢が多いので場慣れされてない感がひしひし伝わってきます。初々しくてそこが楽しみ!(←むしろ私は新人俳優さん応援したい人です!!)でもあるんですが、だいたいの場合6人並んで撮影エピソードを話していると、会話が詰まった時のフォローを仲間に求めてしまう場面も多いかな?という印象です。対して今回は2人で登壇されていることもあって、龍臣くんと小澤さんの掛け合いの後に「どう思います?」って客席に振られる事が多かったり、客席の温度を見ながら対応を変えてらっしゃるのが伝わりました。私たちとの距離が近くて、もはやファン感謝イベント。最後のハイタッチではチラリ私の顔を見てくださいましたが、初見の人だと思われたんじゃないかな。歴浅の私なんぞが行くにはもったいない、内容の濃い舞台挨拶でした!

おわりに

また来週も関西来られるんですよね。おつかれさまです!今回の野外は良いお天気でありますように♪ひらパーのアクション舞台?も観てみたいな。関西にライハも上陸されるそうなので、ウルトラマンが好きな人も、まだ知らない人も、是非お子さまと観に行かれることをお勧めします☆彡

合わせて読んでいただきたい♪「つなぐぜ!願い!!」映画感想はコチラへ↓

-特撮, 趣味の話題


漫画大好き!管理人の”ぼん”です。


       スポンサーリンク